応用情報技術者試験を受けてきた

はじめに

どうも,namekosiruです.この度4月の応用情報技術者試験を受けてきたので感想や勉強方法などをまとめようと思います.

 

応用情報技術者試験とは

www.jitec.ipa.go.jp

公式サイトより

1.対象者像

高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者

 

2.業務と役割

基本戦略立案又はITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、独力で次のいずれかの役割を果たす。

 (1) 需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略を立案する。
 (2) システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスを実現する。

 

3.期待する技術水準

1 情報技術を活用した戦略立案に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
 ① 経営戦略・情報戦略の策定に際して、経営者の方針を理解し、経営を取り巻く外部環境を正確に捉え、動向や事例を収集できる。
 ② 経営戦略・情報戦略の評価に際して、定められたモニタリング指標に基づき、差異分析などを行える。
 ③ 提案活動に際して、提案討議に参加し、提案書の一部を作成できる。

2 システムの設計・開発・運用に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
 ① アーキテクチャの設計において、システムに対する要求を整理し適用できる技術の調査が行える。
 ② 運用管理チーム、オペレーションチーム、サービスデスクチームなどのメンバとして、担当分野におけるサービス提供と安定稼働の確保が行える。
 ③ プロジェクトメンバとして、プロジェクトマネージャ(リーダ)の下でスコープ、予算、工程、品質などの管理ができる。
 ④ 情報システム、ネットワーク、データベース、組込みシステムなどの設計・開発・運用・保守において、上位者の方針を理解し、自ら技術的問題を解決できる。

 と書かれています.位置付け的には基本情報の次の資格ということになっています.

 

合格点について

応用情報技術者試験は午前試験と午後試験の二つがあります.どちらの試験も100点満点であり,その両方で60点以上をとることが合格条件になります.午前試験は一問一答試験となっていて,割と簡単に得点をとることができます.一方で午後試験は記述式となっていて読解能力や基礎的な知識を要する問題が多く一筋縄ではいかないです.しかし,対策を十分に行うことで合格圏内に達することは可能です.

 

大学生の受験について

この資格は基本的に実務で働いている方が30~40歳あたりの時に取る資格らしく,大学生で受けている人は少ない印象でした.また,合格率も全体で20%と低く受かっている人はそれ以上に低いようです.私の周りにも基本的に30歳ぐらいの方が多く,ぽつぽつ大学生がいるくらいでした.

 

受験前後について

ぶっちゃけると受験直前はすごくやる気がなかったです.基本情報が2月くらいにあり,その合格直後だったからなのか少し調子に乗ってました.それと研究室に配属され,その研究室がとても忙しかったことも勉強する気が起きなかった理由ではあります.しかし,受験後は思ったよりできていて自己採点をしてみたら午前は7割くらい,午後は頑張れば6割5分くらいのできでした.6月くらいに合格発表なのでまた発表されたら記事を更新しようと思います.

 

勉強方法について

基本的にはインプット→アウトプットの流れを意識するようにしました.特にインプットに関しては一問一答形式だけでなく言葉で説明できるくらいまでイメージして覚えるようにしました.テストの形式上別に単語の意味が正確にわからなくても雰囲気で答えることは十分できるのですが,それはテストの為の勉強になっているので個人的にはおすすめしません.しっかりと言葉で説明できるくらいにしていた方が後々役立つと思います.以下に使った教材を軽く載せておきます.

最後に

大学生のうちは自分自身に技術力がなく資格などで補おうと考えてましたが研究やインターンを通じていくうちにその必要はないかなと感じてきました.特にエンジニア業界を志望している学生に向けて言いたいのですが,エンジニア業界は資格よりも成果物(ポートフォリオ)を重視している傾向にあると思います.なので資格などをたくさん持っていてもあまり意味がないかと思います.もしエンジニア方面でよいところに就職したいのならしっかりと成果物を持つことをおすすめします.

基本情報技術者試験を受けてきた

はじめに

先日、基本情報技術者試験を受けてきたのでそれに関わることを色々まとめていこうと思います。

結果

得点は午前:78% 午後:89% ぐらいでした。多分受かっていると思います。

なんで受けたのか

現在大学3年で将来エンジニアとしてやっていきたいと考えています。そこで去年の夏からエンジニアのインターンに色々応募してみてみたのですがことごとく死亡したのがきっかけでした。エンジニア世界って厳しいですね。。。Twitterとかで情報をよく発信している方のプロフィールを見ると大学生ですごいプロダクトを開発していたり、中学生で競プロの上位に名を馳せている方など本当に技術力が高い人が多いなと感じています。大学2年生の初めからプログラミングを始めた私がいきなり彼らに追いつくのは到底無理なのでひとまず基礎の基礎ということで勉強した次第であります。

やったこと

大まかにやったこととしては

の3つです。これらは後で一つ一つ話します。

勉強期間

今年の1月から勉強を初めて、2月後半の受験をしたので勉強期間としては2ヵ月くらいだったと思います。勉強期間に関しては人それぞれ違うと思いますが、大学の春休みで暇だったので一日3時間くらいを目安に行っていました。

勉強方法

午前

勉強し始めの頃はUdemyで分野ごとの知識を習得→過去問道場でアウトプットです。基本的にこれだけで受かると思います。キタミの本は疲れた時や移動中などに片手間に呼んでました。基本情報試験は見た感じ過去問から8割近く出ているので過去問道場の問題を沢山解いて問題文と答えを覚えこむ程やりこむのがいいと思います。ハードウェアやネットワーク系の計算問題が特に苦手だったのですがそこは別にネットで検索してやりこみました。計算問題に関しても値までほぼ同じなのでとにかく過去問をやるのがいいと思います。

午後

あんまり対策してなかったです。やったこととしてはセキュリティ、アルゴリズムの問題を2年分解いたくらいです。アルゴリズムは最初難しくて解けないと思いますが、大切なのは実際に値を代入して確認することだと思います。後は慣れだと思います。言語の選択はpythonを選びましたが過去問が一年分しかなかったので充分な対策はしてないです。得意な言語があればそれを選択した方がいいと思います。

最後に

エンジニアを目指す方は基本情報を取ることをおすすめします。履歴書に書けるという点もメリットの一つですが、それよりもエンジニアとしての必要最低限の知識を体系的に身に着けることができる点が大きいです。エンジニアのインターンや入社には必ずといっていいほどコーディングテストや知識のテストがあります。それらを乗り越えないと面接すら受けてもらえず門前払いということが多々あると思います。それらの試験はほぼ基本情報の知識だけで賄えると思うので是非頑張って取得してみてください!

自己紹介と2021年の目標

自己紹介

初めまして、なめこ汁です。最近周りのエンジニアの方で多くの人がブログを始めているので私も始めてみました。現在都内の大学に通う三年生です。

現在に至るまで

大学での専攻は機械系で普段から図面を書いたり、切削をしたり、制御をしたりとしています。そんな中二年でプログラミングの講義に出会ったことでプログラミングのすばらしさに気付き、エンジニアを志すようになりました。(機械が嫌いになった)色々勉強していく中でエンジニアの登竜門とも言われているインターンに見事ありつけることにも成功して、第一歩を歩み始めています。

2021年の目標

そんなこんなで2021年となりましたが今年は大学院試験、就活、研究など大事な行事が目白押しになっているのでそれらを整理する、またどのくらいこの一年頑張れたかを図りたいために目標を立てたいと思います。

以上のような目標を立てました。大学院試験で勉強したことや試験対策を通じて勉強をしたことをブログを通して発信していきたいと思います。2021年よろしくお願いします!